【笑い話】超コスパの悪い訪問販売のお菓子「鎌倉豆乳ばあむ」を買っちゃった💦

この記事は「ブログ記事にすべきかどうか半年間悩んだネタ」です。

というのも「自称コスパ人」のくせに「めちゃくちゃコスパの悪い買い物をしてしまった」からなんですね。

購入したのは、鎌倉豆乳ばあむ1800円!

「何故、そんな高いものを買ったの!?!?」と思う方も多いと思いますので、鎌倉豆乳ばあむを食べた感想だけでなく「購入してしまった経緯」についても書かせて頂きます。

スポンサーリンク

訪問販売でお菓子を売ってるなんて思ってもいなかった

2021年7月22日
あれは確か昼下がりだったと思います。

「ピンポーン♬」と玄関のチャイムが鳴ったので、「どうせセールスか宗教の勧誘でしょ…」と思って居留守作戦を使おうとしたのですが、何度も何度も「ごめんくださ~い!」を繰り返すのでイラっとして「どなた様ですか?」って反応しちゃったんですよね。

でも、名乗らないんです。

この時点で「けっこうです!」と言って引っ込んじゃえば良かったのですが、何故かその日は「誰が訪ねてきたか分からないと気持ち悪いな…」と思っちゃったんですよ。

「どなた様ですか?」「ちょっとよろしいでしょうか?」「いや、だからどなた様でしょうか?」

こんなやり取りを何度か繰り返しているうちに、「何なんだこいつ!ムカつくわ!!」と説教のひとつもしてやろうと玄関のドアを開けたら…

めっちゃ熱い中、汗のせいで化粧が落ちているどころか顔がテカテカの小さな女性が立っていました。

見なきゃよかった。

というのは、若い頃に訪問販売の経験があるので、真夏の暑い中一般家庭を訪問し続ける大変さが身に染みるほど分かるからです。

「何ですか?」と猜疑心モード100%で聞いたところ、「お菓子を見て頂きたくて…」と女性は笑顔で言うんです。

これで、「お菓子か… それならそこまで高くないだろうし、最悪一番安いのを買って帰ってもらえばいいよね」と思ってしまったんです。

「じゃあ、見るだけなら…」

半年前くらいのことなので正確には覚えていませんが、出されたメニューみたいなのに載っている3つのお菓子は全て「え!?」と驚くほど高額のものばかり。

考えてみれば見ず知らずの人に何と思われようが「けっこうです」と断れば良かったのですが、「お金ないと思われたくない」「ドケチ野郎と思われたくない」というつまらないプライドが発動してしまったんです。

この時点でこちら側の負け。

本当はメニューの中で1番安かった鎌倉豆乳ばうむ以外買う気はゼロなのですが、「う~ん、どれにしようかな…」と迷いに迷ったふりをして鎌倉豆乳ばうむを購入しました(笑)

鎌倉豆乳ばうむを食べてみた感想

鎌倉豆乳ばうむを実際に購入したときの証拠画像です。

「お菓子に1800円も使うことない」ので、本当に高い買い物をしてしまいました。

ただ、買ってしまったものはしょうがないので、「せめて美味しければいいんだけど…」と思って箱から出したんです。

訪問販売 お菓子 鎌倉豆乳ばうむ (3)

 

多分、直径15cmくらいだったと思います。(購入したときに大きさを測ったわけではないので、お皿の大きさから推測しました)

こういう高額のお菓子は箱から出したら「めっちゃ小さい」ことが多いのですが、この鎌倉豆乳ばうむは「小さ過ぎず大き過ぎず」で「大きさを見て損した」とは思いませんでした。

あとは、肝心の味ですが…
これも思ったよりも美味しかったです!

実は、私は「豆乳が苦手」なので、「食べたときに豆乳の風味があったらゴミ箱に投入することになるな…」と心配だったのですが、豆乳の風味は全く感じませんでした。(個人的な感想なので、味に敏感な方は感じるかもしれません)

「ふ~ん、普通に美味しいじゃん…」

ただ、高いか安いかで言えばやっぱり高い(笑)

普通に食べるだけだともったいないので、こんな感じで遊んじゃいました…

訪問販売 お菓子 鎌倉豆乳ばうむ (2)

視力検査の記号かコーチのロゴみたいでしょ(笑)

ただ、これ以外に楽しみようもなく、お菓子の1800円はやっぱりコスパが悪いです…

訪問販売のお菓子を購入した後日談

実は、購入したときに訪ねてきた女性の方に、このように言っていました。

「今回は玄関を開けちゃったし、暑い中大変そうだから買っちゃったけど、2度目はないから訪問して来ないで。無駄だから。」

ところか、数か月後訪ねてきたんです!

「先日、お伺いした…」のような挨拶をしてきたので、「この間、次来ても買わないって言ったと思うのですが!」と言ったら無言で去って行きました。

訪問販売からモノを買う人って限られていますので、1度購入した人のところに再訪するのは基本中の基本かもしれませんが、「訪問して来ないで」とハッキリ意思表示された家に再訪するのも、「すいませんでした!」の一言もなく無言で立ち去るもの営業をする立場の人間としては良くないですよね。

「暑い中、大変だろうな…」と思って購入しましたが、「こんな失礼な人から買うんじゃなかった…」と後味の悪い結果に…

 

以上、普段はコスパの良い話を書いていますが、コスパの悪い話をお送りしました。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事