【雑誌読み放題比較】コスパ最強サービスはどれだ!?

雑誌読み放題サービスは、月に雑誌を1冊でも購入している方であれば同じくらいの金額で数百冊の雑誌が読み放題になるのでコスパ最強です!

また、雑誌読み放題サービスを使うと、書店に買いに行く手間がない、スマホ・タブレット・PCで読めるので雑誌を持ち歩く必要がない(荷物にならない)、売り切れてしまったり販売期間が過ぎたバックナンバーも読めるなどのメリットもありますので使わない理由がありません。

しかし、雑誌読み放題サービスが沢山ありすぎて「いったいどれが一番コスパがいいんだろう・・・」と悩んでしまいますよね。

そこで、この記事では雑誌読み放題サービスを徹底比較しますので、あなたにとってコスパ最強なサービスを見つけてください!

スポンサーリンク

雑誌読み放題サービス一覧表

代表的な雑誌読み放題サービスと雑誌数や月額金額などを一覧にしてみました!

雑誌数月額料金(税抜)無料期間付加サービス
Tマガジン450誌440円1ヶ月コミック・その他
楽天マガジン250誌418円31日間なし
dマガジン400誌440円31日間なし
ブック放題200誌550円30日間マンガ
ブックパス300誌418円~30日間本・コミック
Kindle Unlimited240誌980円30日間本・コミック・洋書
マガジン☆WALKER80誌550円初月無料なし
タブホ900誌550円24時間なし

 

雑誌読み放題サービスといっても、雑誌数や月額料金、付加サービスなどの違いがあるのが分かったのではないでしょうか。

ですから、「とにかく安い読み放題サービスがいい!」とか「使い勝手がいいサービスがいい!」、「雑誌以外のコンテンツも充実しているサービスを使いたい!など、自分が最優先することによってコスパ最強の雑誌読み放題サービスは変わります。

コスパ最強の雑誌読み放題サービスの選び方

ここからは、雑誌読み放題サービスの選び方として、雑誌数、金額、付加サービスなど、いろいろな条件別にコスパ最強のサービスを選出しました。

自分とってコスパ最強の雑誌読み放題サービスを見つける参考にしてください!

総合力で選ぶコスパ最強サービス

Tマガジン

【画像】Tマガジン

雑誌数や月額金額、対応端末や使い勝手などを考慮した総合力では、TSUTAYAを運営しているCCC(カルチャー・コンビニエンス・クラブ)のサービスTマガジンがコスパ最強です。

以前は400誌とdマガジンと同じだったのですが、更に雑誌数を増やして450誌とダントツの雑誌数になりました!

2019年5月にサービススタートしたばかりで、現時点で50誌も雑誌数を増やしているのですから今後にも期待できそうでしょね。

ラインナップは有名・人気雑誌はもちろん、Tマガジンしか扱っていないタイトルが200誌もあり、「とにかくいろいろな雑誌を楽しみたい!」という方ならコスパ最強でしょう。

また、1アカウントで5台まで使うことが出来ますし、操作も直感的にできるので使いやすいです。

雑誌の読み放題サービスで迷ったらTマガジンを選んでおけば間違いないでしょう!

 

公式サイトはこちら

Tマガジン

雑誌数で選ぶコスパ最強のサービス

タブホ|雑誌読み放題アプリ-min

【画像】タブホ

雑誌数で選ぶのであれば、オプティムが運営しているタブホがコスパ最強です。

他の雑誌読み放題サービスの追随を許さない圧倒的な取り扱い雑誌数900種類3400誌は驚異的!

但し、一般的な週刊誌や月刊誌は200種類で、旅行系・料理系などのムック書籍が多いという特徴があるので自分が読みたい雑誌があるのかをチェックする必要はあるでしょう。

 

公式サイトはこちら

タブホ

料金で選ぶコスパ最強のサービス

楽天マガジン

【画像】楽天マガジン

料金の安さで選ぶのであれば、楽天が運営している楽天マガジン1択です!

ブックパスも月額418円~と楽天マガジンと同料金で利用できますが、楽天マガジンは年払いすると3960になるので月額換算で更に安くなるんですね。

しかも、楽天会員であれば楽天スーパーポイントが貯まりますし、毎月獲得する楽天スーパーポイントが330ポイント以上ある方はポイント払いすれば実質無料ですのでコスパ最強です!

 

公式サイトはこちら

楽天マガジン

コンテンツ数で選ぶコスパ最強サービス

KindleUnlimited

【画像】Kindle Unlimited

雑誌数のみであればTマガジンがNo1なのですが、雑誌外のコンテン数も含めるとKindle Unlimitedがコスパ最強です!

Amazonが運営しているだけあって、雑誌以外に12万冊以上の和書(書籍8万冊・コミック3万冊・その他1万点以上)、120万以上の洋書がラインナップされています。

雑誌だけでなく、様々な本を楽しみたい方は最高!

 

公式サイトはこちら

Kindle Unlimited

まとめ

全ての雑誌読み放題サービスに約1ヶ月の無料お試し期間が設けられていますので、実際にサービスを利用して自分にあっているかどうかを判断することも可能です。

ちなみに、自称コスパ人の私はTマガジンを使っているのですが、雑誌読み放題サービスを使うようになってから本屋で雑誌を購入することが無くなり月に1650円から2200円の節約になりました。

また、iPadがあれば好きなときに場所を選ばずいろいろな雑誌を読めますので、情報収集も圧倒的に捗っています。

便利すぎるので使わない手はありませんよ!

おすすめの雑誌読み放題サービス
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事