エレコムのBluetoothキーボード【 TK-FBP101BK】がコスパ良好!

「安くて使いやすいBluetoothキーボードないかな~」という方に、「安い」「作りがしっかりしている」「タイピングしやすい」と3拍子揃ったエレコムのBluetoothキーボード【 TK-FBP101BK】をおすすめします!

実は、私が使っているモバイルノートのサーフェスのカバー兼キーボードのエンターキーが割れたので、「使いやすいBluetoothキーボード」をめちゃくちゃ探しまくったんですよね。

もちろん、コスパ人の私ですから「安い」という条件も兼ねそろえている必要もあります(笑)

ところが、Amazonや楽天などで探したところ、めちゃくちゃ安いものからそこそこのお値段のするものまであり、「う~ん、安すぎると使いづらかったり、壊れやすい、Bluetoothの遅延とか酷いのかな…」と迷いに迷いました。

最後は購入者の口コミと自分の直感を信じてエレコムのBluetoothキーボード【 TK-FBP101BK】を購入したのですが、結果的には大正解でした。

そこで、私のようにBluetoothキーボードの購入で迷っている方向けにレビューさせて頂きます!

良いところ悪いところを正直に書きますので参考にしてください。

スポンサーリンク

Bluetoothキーボード【 TK-FBP101BK】の商品概要

キーボード エレコム Bluetooth 無線 ワイヤレス TK-FBP101BK Bluetooth薄型コンパクトキーボード(レビュー) (7)

こちらが購入したエレコムのBluetoothキーボード【 TK-FBP101BK】です。

デザイン的には極々普通のキーボードなのですが、価格やスペックが気になる方も多いと思いますので表にまとめてみました!

商品名エレコムのBluetoothキーボード【 TK-FBP101BK】
価格3575円(※ 購入時の楽天での税込価格)
BluetoothBluetooth(R)無線方式
対応機種Bluetooth(R)HIDプロファイルに対応したWindows OS、Android OS、Macintosh OS、iOS搭載ガジェット
対応OSWindows 10、Windows 8.1、Windows 7、Windows XP、Android 5.0以降、macOS High Sierra(10.13)、iOS 9.0以降
接続可能台数3台
通信方式GFSK方式
電波到達距離磁性体上での使用:約3m、非磁性体上での使用:約10m
キーボードパンタグラフ方式
104キー日本語配列
19mmのキーピッチ
2mmのキーストローク
ホットキー数:13
電源単4乾電池
電池使用期間アルカリ乾電池で1.1年
外寸幅367.1mm×奥行127.5mm×高さ21.2mm
重量約488g(乾電池を含まず)
付属品マニュアル・単4アルカリ乾電池
保障期間6ヶ月

エレコムはPC周辺機器で人気のメーカーなので、メーカーに対する心配はありません。

エレコムのBluetoothキーボード【 TK-FBP101BK】を購入してみた!

さて、ここからは実際に購入してみたエレコムのBluetoothキーボード【 TK-FBP101BK】をじっくりお見せします!

Medium_キーボード エレコム Bluetooth 無線 ワイヤレス TK-FBP101BK Bluetooth薄型コンパクトキーボード(レビュー) (1)

私は、いわゆる「開封の儀」みたいなのは必要ないと思っていますが、エレコムのBluetoothキーボード【 TK-FBP101BK】の化粧箱の裏と内側にいろいろと説明書きがあったので写真を載せておきます!

 

キーボード エレコム Bluetooth 無線 ワイヤレス TK-FBP101BK Bluetooth薄型コンパクトキーボード(レビュー) (2) キーボード エレコム Bluetooth 無線 ワイヤレス TK-FBP101BK Bluetooth薄型コンパクトキーボード(レビュー) (3)

ちなみに、箱の中身は以下の3つが入っています!

キーボード エレコム Bluetooth 無線 ワイヤレス TK-FBP101BK Bluetooth薄型コンパクトキーボード(レビュー) (4)

  • キーボード本体
  • 説明書
  • アルカリ乾電池

 

化粧箱の説明書きを見てお気づきだと思いますが、説明書もちゃんと日本語のものですので安心してください。

エレコムのBluetoothキーボード【 TK-FBP101BK】のメリット

さて、ここからはキーボード本体とこのキーボードのメリットについて!

キーボード エレコム Bluetooth 無線 ワイヤレス TK-FBP101BK Bluetooth薄型コンパクトキーボード(レビュー) (7)

このキーボードのもっとも良い点は、19mmのキーピッチと2mmのキーストロークが確保されているという点です。

19mmというのは一般的なデスクトップPCのキーピッチ(キーの幅)と変わりません。

また、2mmのキーストローク(キーが沈み込む深さ)は一般的な3mm~4mmよりも若干浅めですが、しっかりとした打刻感はありますので特に問題ありません。

次に便利なのが、テンキーが付いているという点。

エクセルに数字を打ち込むような作業が多い方にとってテンキーがあるのと無いのとで作業効率が全然違いますからね。

そして、本体を置いたときに若干の傾斜が付いているのも使いやすくて良いです!

キーボード エレコム Bluetooth 無線 ワイヤレス TK-FBP101BK Bluetooth薄型コンパクトキーボード(レビュー) (8)

これは本体の裏側なのですが、キーボードの奥にだけ足がついているので、

このように奥が高く手前が低くなる傾斜が出来るんですね。

これにより、奥のキーボードのタイピングがしやすくなるというわけです。

あと、対応機種やOSが多いのも良いですね!

私はパソコンがwindows、タブレットはiPad、スマホはiPhoneを使っていますので、3台ともキーボードとペアリングさせました。

最後のメリットは遅延が少ないという点です。

Bluetoothですから全く遅延が無いわけではありませんが、購入してから遅延を感じたのは本当に少ないですし、何秒間も遅延してストレスを感じるようなこともありません。

エレコムのBluetoothキーボード【 TK-FBP101BK】のデメリット

次にデメリットですが、テンキーがあることによって手のポジションが若干左寄りになるという点です。

ただ、これに関しては、私が長年テンキーなしのキーボード環境でタイピングをしていたから違和感を感じたのであって、普段からテンキーありのキーボードを使っている方は何の問題もないと思います。

また、タイピングしているうちにすぐ慣れましたし、サーフェスのキーボードを使っているときよりタイピングスピードは上がりましたので、大きなデメリットではないと思います。

まとめ

Bluetoothキーボード【 TK-FBP101BK】はコスパ良好で購入して正解でした!

私のようにサーフェスのキーボードが壊れてしまった方、または使っているキーボードが小型でタイピングにストレスを感じている方などには自信をもってお勧めできる商品です。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事