「プロパンガス料金が高すぎる」と感じている方や「昔から同じプロパンガス会社だ」という方は、プロパン料金をぼったくられてる可能性があります。

そこで、ガス業界の人間でなければ知らないプロパン業界の裏事情や、ぼったくられているプロパン料金を少しでも安くしてコスパを改善する方法をお教えします!

 

スポンサーリンク

プロパンがぼったくり状態の原因

プロパン業界がぼったくりが多いのには理由があります。

もし、以下の内容に思い当たることがあったら、ぼったくられている可能性があると思ってください!

プロパンガスは公共料金ではない自由料金だから

最近は、電気自由化や今後は水道も民営化されると言われています。

しかし、一昔前は電気・ガス・水道は水道光熱費というカテゴリーで「公共料金」と思われており、今でもガスを公共料金と思っている方も多いです。

確かに、都市ガスは国による厳しい料金チェックを受けている公共料金なのですが、プロパンガスは昔から自由競争で業者が好きな価格を設定することができるんですね!

それだと、業者同士の価格競争が起こりプロパン単価が安くなりそうですが、業界全体が保守的なので価格競争もおこりません。

しかも、プロパン料金をいくらに設定してもお咎め無しという現状があるので、プロパン業者は好きな価格で消費者にプロパンガスを売り続けているわけです。

交渉権がない・交渉しない

アパートやコーポなどの集合住宅では、一住人にプロパンガスの交渉権がありません。

ガス会社の選定は家主さんがしていますし、「ガス設備無料」のようなサービスで家主さんを囲い込んでいるケースも多く、住人が家主さんに相談しても体よくかわされておしまいということが多いです。

但し、無料で設置したプロパン設備費は、プロパンガスを使っている消費者のガス料金にのっかってきますので、その分高くなっている料金を払わせ続けているというわけです。

また、親の代から付き合いのある地場のプロパン業者だったり、引っ越ししてきたときのプロパン業者を利用するのが当たり前で「料金交渉ができることを知らない方」や「料金交渉ができないと思いこんでいる方」も多く、それがぼったくり料金が存在し続ける理由にもなっています。

設備費がプロパン料金に上乗せされている

設備費の上乗せが出てきましたが、実は集合住宅に限ったことではありません。

メーターや設置費などは戸建ての場合もかかりますので、ガス料金に設備費を乗っけられている可能性は十分にあります。

更に悪質な場合、設備費を回収した後も設備費分を上乗せした料金を請求し続けるプロパン業者もいるくらいです。

※ 無償貸与契約といって、設備などを無料で貸与するかわりに一定期間業者を変えられないという契約もありますが、その料金ですら適正価格かどうかわかりません。

プロパン料金をぼったくられている可能性が高いケース

ここからは、こんな場合はプロパン料金をぼったくられている可能性があるという具体的なケースをご紹介します!

親の代から同じプロパン業者を使っている

両親が昔から同じプロパン業者を使っている場合、プロパン料金をぼったくられている可能性があります。

特に、地域に密着している地場のプロパン業者の中には、他の業者の倍近い料金を請求しているところもありますので気をつけてください。

ちなみに、私はこのパターンだったのですが、月々6500円~7000円位かかっていたプロパン料金が、業者を変えただけで月々3500円くらいまで安くなりました。

本当に無駄なお金を支払い続けていましたね・・・

これまで一度もプロパン業者を変えたことがない

戸建に住み始めて数年経っているのにプロパン業者を変えたことがないという場合、ボッタクリ料金を支払っている可能性があります。

本当に多くのプロパン業者が存在しますので、あなたが契約している業者よりも安いところが見つかる可能性高いですよ!

プロパン業者に価格交渉をしたことがない

プロパン業者に対して価格交渉をしたことがない場合も、ぼったくり料金を支払わされている可能性があります。

定期的に交渉しているお隣さんのプロパン料金より、交渉をしないあなたのご家庭のプロパン料金が高いなんてことが普通にある業界ですからね。

ぼったくりプロパン料金を安くする方法

ぼったくり価格のプロパン料金を安くする方法は2つです。

 

  1. プロパン業者を変える
  2. 定期的に料金交渉をする

 

上記2つをしっかりやりさえすれば、プロパン料金をぼったくられることはありません。
但し、これには問題点が2つあります。

 

1つ目は、一番いいプロパン業者を見つけるのがほぼ不可能ということ。

プロパン業者の中には、「最初は安かったけど、いろいろと理由をつけて定期的に値上げする」なんて業者もいますので、下手をするとかえって損をするリスクがあります。

 

2つ目は、定期的な料金交渉が難しいということ。

例えば、「プロパンガスの相場が上がっているので、料金に反映させて頂きます」のような正論を言われたらどう反論しますか?

プロパンガスの価格交渉にはポイントがあるのですが、それを知っているのはプロパン業界の内情を知っているガス会社の職員くらいなものです。

ですから、結局は交渉という交渉ができず、ジリジリとプロパン料金の価格を釣り上げられてしまいます。

 

では、どうすればいいか!?

 

答えは簡単で、ガスの窓口という消費者の立場にたったプロパンガス料金の見直しサービスを使うことです。

ガスの窓口を使うメリットは以下の通り。

 

  • 中堅から大手の有料ガス会社から厳選して紹介してくれる
  • プロパン業者の変更手数料などは一切なし
  • 料金の値上げも防いでくれる(永久料金監視保証)
  • 変更手続きは全て代行で手間がない
  • 集合住宅でも相談にのってくれる

 

プロパン業者の選定から変更、その後の料金値上げに対するフォローまで無料なんですから、使わない理由がありません!

ガス会社変更実績が90000件というのも頷けます。

あと、「まずは、うちのプロパン料金がぼったくられているのかを知りたい!」という方は、自動料診断で1度調べてみるといいですよ。

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事