通信料無料の楽天モバイルが使い物になるか徹底検証!(SNS・ゲーム・デイトレetc)

先日、楽天モバイルから携帯電話料金のコスパを崩壊させるような衝撃的な発表がありました。

 

1ヶ月のデータ容量が1G以下なら月額料金が無料

 

楽天は、Rakuten UN-LIMITの登録者数が300万人に達するまで1年間料金無料というキャンペーン継続中(2021年4月7日で終了)ですので、楽天モバイルを選ばない理由はありません。

しかし、「やっぱりdocomoでしょ!」とか「auも値下げしたじゃん」と3大キャリアを使い続ける保守的な人も多いと思いますのでハッキリ言いますね!

 

楽天モバイル使わないとかアホだから。

 

ただ、スマホの利用の仕方とか、家にWi-Fiがあるかどうかなどの状況によっては楽天モバイルが最高の選択肢と言えないケースがあることも事実。

そこで、通信料無料の楽天モバイルが使えるかどうかを具体的な例を出して徹底検証します。

参考にどうぞ!

キャンペーンLP ※期間中限定

楽天モバイルが無料になる条件とは

楽天モバイルが無料になる条件は2つあります。

  1. Rakuten UN-LIMIT登録者300万人まで1年無料
  2. 1ヶ月のデータ使用量が1Gまで

 

お金に関わる大切な部分なので、それぞれ簡単に説明しますね!

① Rakuten UN-LIMIT登録者300万人まで1年無料

携帯キャリアとしては後発の楽天モバイルがユーザー獲得のために行っているのがRakuten UN-LIMIT登録者300万人まで1年間無料というキャンペーンです。

楽天モバイルのエリア内では5Gの高速通信を使いまくっても無料ですし、エリア外のパートナー回線エリアでも月5G高速通信を使い切っても、低速モード(最大1Mbps)を使い倒しても無料。

ハッキリ言いますが、1年間の携帯料金が無料なのに楽天に乗り換えない人はアホです。

月7000円の携帯料金を払っている人は年間84000円の節約になるんですよ。

ですから、楽天モバイルのパートナー回線の電波も入らない地域の方を除き、電波があるのに3大キャリアのバカ高い料金を払い続ける必要はありません。

② 1ヶ月のデータ使用量が1Gまで

docomoやauが楽天潰しとも思えるプランを発表したことに対抗すべく、楽天は以下のような料金プランを打ち出しました!

データ容量月額料金(
~1G未満無料
1G~3G未満1078円
3G~20G未満12178円
20G~3278円

この表を見れば分かる通り、月1G未満のデータ通信量であれば携帯料金が無料というコスパ最強どころかコスパ崩壊といった内容です。

しかも、1G以上つかった場合でもデータ通信量に応じて料金が違うので、あまりギガ数を消費しない人が月に7000円も払わされ続けたきた今までの3大キャリアとは違って良心的な内容になっています。

楽天モバイルはこんな人におすすめ

楽天モバイルがおすすめなのは以下のような人です。

 

  • スマホをほとんど使わない人
  • GoogleやYahoo!などのWEBサイトの閲覧くらいしかしない人
  • スマホは電話をするために持っている人
  • 動画に高画質を求めない人
  • 重たいゲームなどをやらない人
  • 重たいデータのアップロード・ダウンロードをしない人
  • 家にWi-Fi環境がある人

 

多分、80%くらいの方は上記の条件に当てはまるのではないでしょうか。

消費ギガ数によって料金が変わりますので、「自分の場合は月額料金がどのくらいになるの?」と思った方は、楽天モバイルの公式サイトをチェックしてみてください。

キャンペーンLP ※期間中限定

楽天モバイルの低速モード(1Mbps)で出来ること・出来ないこと

現在、楽天モバイルでは自社回線エリアを急ピッチで広げていますが、現状はパートナー回線エリアの地域があるのも事実。

その場合、5Gまでは高速通信が使えますが、それを超えると1Mbpになりますので、それで何ができるかをまとめてみました。

意外とできること多いので驚くと思いますよ!

通話

LINE通話や普通の通話を使う機会はあると思いますが、低速モード(1Mbps)で「途中で電話が切れてしまう」とか「プツプツと音声が途切れる」というようなことはありません。

ちなみに、Rakuten UN-LIMITでは楽天リンクというアプリを使うことで通話料が完全無料(10分の制限など無し)です。

※ 0800などの有料番号は料金がかかります

WEBサイトの閲覧

GoogleやYahoo!などで調べものも、低速モード(1Mbps)で問題なくできます。

ただ、Google画像検索や楽天やAmazonのようなショッピングサイトなど、画像が多いページの表示は体感として「遅い」と感じるスピードですね。

SNS

いろいろ種類がありますので、私が使ったことがあるSNSについてまとめてみました!

LINE

LINEはメッセージ通話共に問題なく低速モード(1Mbps)で出来ます。

ビデオ通話も特に遅いと感じたことがないので、LINEの使用に関しては快適です。

Twitter

Twitterは低速モード(1Mbps)で問題なく使えます。

画像や動画付きのツイートも、ほぼほぼ問題なく表示されますよ!

Instagram

画像や動画中心のInstagramは、低速モード(1Mbps)だと画像が表示されるのが少しもたつくなど体感的に遅さを感じます。

ただ、メッセージのやりとりは全く問題ありません。

あと、不思議なのがリールは動画ですが意外と見れるんですよね。

何枚もの写真が並んでいる画面よりも軽いのかもしれません。

Facebook

ちょっと遅さを感じますが、低速モード(1Mbps)で十分に利用できるレベルです。

動画

これもYouTubeやVODなど種類がありますので、それぞれ解説します!

YouTube

低速モード(1Mbps)でYouTubeがストレスなく閲覧できると思っている方は少ないのではないでしょうか。

私の経験上360pの画質以下であれば、途中で動画が止まったりカクカクすることがはありません。

240pの画質だと小さい文字などがぼやけてしまいますが、360pは文字などもしっかり見えるレベルなので、よほど高画質を望む人以外は十分だと思います。

Hulu

低速モード(1Mbps)で見るなら360pの画質まで。

540pだと快適とは言えませんし、720pだとまともに視聴できません。

ただ、どうしても高画質で楽しみたいというのであれば、自宅のWi-Fiやお店の公衆無線ランを使って事前にダウンロードしておくという方法もあります。

Netflix

250MBであれば低速モード(1Mbps)での視聴で問題はありません。

ただ、それ以上の画質だと厳しいのと、動画系のサービスを利用するときには、アプリを使うことをおすすめします。(アプリとPCのブラウザではアプリの方が軽いので)

ポケモンGO

ポケモンGOなどのソーシャルゲームも低速モード(1Mbps)で楽しむことができます。

他の3大キャリアや楽天モバイルの高速通信モードと厳密に比べたら若干遅いですが、体感として分かるような遅さではありません。(スマホを2台並べて比較すればやっと分かるレベルです)

正直、私はゲームに詳しくないのでポケモンGOくらいしか分かりませんが、ゲームが好きな友人に聞いたところ、シューティングゲームなど速さが求められるゲームは厳しいと言っていました(プレイできないという意味ではないようです)

デイトレード(株など)

私は楽天証券のマーケットスピード2というツールを使って株のデイトレをしているので、楽天モバイルの低速モード(1Mbps)でトレード可能か試してみました。

結論から言うと、前場の寄り付きなどアクセスが集中する時間帯は接続が切れることもあり、低速モード(1Mbps)の環境ではトレードになりません。

ただ、日中の落ちつた時間帯であればトレード可能です。(それでも、突然接続がきれることがありました…)

デイトレなどお金がかかっていますので、低速モード(1Mbps)のデザリングは危険ですね。

ただ、iSPEEDのアプリであれば問題なく動きます。

デザリング

楽天モバイルはデザリングができますので、スマホの電波でPCやタブレットで作業することも可能です。

私はWi-Fiが飛んでいないお店ではデザリングを使うのですが、Google検索やサイトの閲覧、ワードプレスの記事更新なども低速モード(1Mbps)で問題なくできました。

ただ、ブログに張り付ける写真素材のサイトなどは、画像が表示されるまでかなりの時間がかかったので、重たいサイトに関してはかなりのストレスを感じます。

データのダウンロード

低速モード(1Mbps)でダウンロード可能なデータ容量は50MBくらいまで。

それ以上のデータは超絶時間がかかるので、低速モード(1Mbps)でダウンロードは避けた方がいでしょう。

キャンペーンLP ※期間中限定

それでも楽天モバイルへの乗り換えを悩んでいる方へ

いろいろ具体例を出したので安心した方も多いと思いますが、一方でそれでも3大キャリアからの乗り換えで悩む方もいると思います。

そういう方へのアドバイスとしては、300万回線まで1年無料キャンペーン中に楽天モバイルを使ってみる!になります。(2021年4月7日で終了)

2年縛りなどもありませんから、実際に使ってみて自分に合わなかったら解約すればOK!

ノーリスクなのに楽天モバイルを試しもしないなんてあり得ません。

ちなみに、私は楽天スーパーホーダイ時代から楽天モバイルのユーザーですが、日々のスマホ利用で困ったことはありません。

よく考えてみてください。

スマホ代と家のWi-Fi代で月にいくら払っていますか?
年間ではいくらですか?
では、10年ではいくらになりますか?

スマホ代が安くなれば、とんでもない節約に繋がるんです!

しかも、今なら無料ですから、3大キャリアを解約しなくても試すことが出来るわけです。

これが、楽天モバイルを使わないとアホって言った理由です。

使ってみてください。

思った以上に快適に使えますので!

キャンペーンLP ※期間中限定

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事