auの新プランpovoのデメリットは?コスパは!?分かりやすく解説します!

「auの新プランのpovoっていつから契約できるの?」と思っている方向けに、契約前に知っておくべきデメリットや本当にコスパが良いのかについて分かりやすくまとめてみました。

結論から言えば、料金を安くするために不便になっている部分もありますし、もっとコスパが良いプランを提供している通信会社もあります。

通信料は毎月必ずかかりますし、一生支払い続けると思っている以上に大きな金額になりますので、この機会にしっかりと見直すために参考にしてください!

スポンサーリンク

auの新プランpovoのサービス概要

デメリットやコスパの話の前に、auの新プランpovoのサービスの概要について簡単に解説させて頂きます!

povoのサービススタートはいつから?

povoのサービス開始は、公式サイトによると2021年3月23日のようです。

povoの料金はいくら?

povoの月額料金は税込みで2480円です。

但し、通話に関しては5分以内は無料、超過すると22/30秒の通話料がかかります。また、通話かけ放題にしたい場合は基本料金とは別に1650円/月が加算されます。

また、データ通信量が月に5Gだったとしても、料金が安くなることはありません。20Gを使い切ってしまってデータを追加する場合は1Gにつき550円かかります。

また、SMSの受信は無料ですが、送信には1通3.3円(70文字まで)がかかります。

povoの電波(ネットワーク)は?

現在は4G LTE、2021年夏に5Gを提供開始予定

povoはキャリアメールは使える?

povoではキャリアメールの提供はありません。

povoは留守番電話サービスはある?

povoでは留守番電話サービスの提供はありません。

povoでデザリングはできる?

povoでデザリングを利用することはできます。

povoでauの契約期間は引き継げる?

povoにプラン変更すると、今までの契約期間を引き継ぐことができません。

povoで店舗での契約やサポートは受けられるの?

povoはオンライン限定のサービスなので、店舗での契約やサポートは全くありません。

povoでかんたん決済は使えるの?

povoでもauかんたん決済は使えます。

povoの対応機種は?

こちらのpovo公式サイトでご確認ください。

povoの割引対応は?

povoでは、auスマートバリュー、家族割(家族間通話料・SMS利用料の割引)スマイルハート割引の全てが対象外になります。

※ 但し、家族割に関しては2021年夏までの早期契約者は家族割のカウント対象になります

公式サイトのサービス詳細のページを見て思ったのが、「料金を安くするためにいろいろ削ったプラン」という印象です。

料金は安くなっていますが、これまでにはないデメリットもありますので、この先をしっかりと読んで判断することをおすすめします。

auの新プランpovoのデメリット

新プランpovoのデメリットは以下の通りです。

知らないと後悔するレベルの落とし穴がありますので注意してください。

povoのデメリット① オンラインのみで店舗サービスが全く受けられない

povoの最大のデメリットは、オンラインのみのサービスなので、契約・サポート・解約などの全てをインターネットを使って自分でしなければならないという点です。

菅政権からの要請で、競合のdocomoやソフトバンクに合わせて値下げせざるを得ないという状況の中、全てのユーザーが新プランのpovoに一気に以降しないようにするのが目的だと思います。

ご高齢者や女性の中には、「わからないときには店舗に行って説明を聞きたい」「電話をかけて質問したい」とか、「よく分からないのでオンラインだけだと不安」という方がかなりいます。

そういうユーザーがこれまで通りの高い料金プランを使い続けることを狙っているんでしょうね。

povoのデメリット② 使用データ通信量が少なくても料金は一律

外出先では通話、SNS、グーグルやヤフーでの検索くらいしかスマホを使わず、家にはWi-Fi環境があるという方の多くは、月20Gのデータ通信量を使い切ることはなく余ると思います。

しかし、povoではきっちり20Gを使い切るユーザーも、全然使わないユーザーも一律2728円がかかるだけでなく、あまったデータの繰り越しもありません。

povoのデメリット③ 通話無料は5分間まで

通話無料5分を「安い!」と思う方もいるかもしれませんが、私の経験上5分はあっという間です。

実は、私はスーパーホーダイという楽天の旧プランを使っていた時に5分無料のサービスを経験したことがあるのですが、意外と5分を超過して料金が発生するケースが多かったんです。(※ 現在の楽天のプランは時間制限なく無料になりました)

「話が長い人」はもちろん、最近は役所も会社組織も最初は「音声ガイダンス」に繋がり、「〇〇の方は1番を、●●の方は2番をプッシュしてください!」のようなことをやっているうちに1分や2分は経ってしまうからです。

「私はLINE通話しか使わないから大丈夫」という方もいるかもしれませんが、年配の方でLINEを使ってない方はけっこういますし、社会人が仕事の連絡でLINEを使うのは非常識という現実もあります。

また、「そろそろ5分経つから切るね!」なんて言ってら、「せこいやつ」と思われてしまうでしょう。

ですから、5分間無料は思っている以上に使えませんので注意してください!

povoのデメリット④ 20歳以上の個人しか契約できない

povoを契約できるのは20歳以上の個人のみです。

ただ、最近では小学生でもスマホを持っていますよね…

20歳未満の子供がいる家庭の場合、親がpovoに変更すると家族割の適用が外れ、家族全員の通信料は高くなってしまうというケースが発生する可能性があるんです。

これって「罠」みたいだと思いませんか?

良く調べずに「月額料金が安い!」とプラン変更して、後で請求書を見て驚く家族が出ないことを祈ります。

povoのデメリット⑤ 国際ローミング対応が不明(※当記事執筆時)

当記事執筆時の2021年3月6日時点で、povoが国際ローミングに対応するかどうかは不明です。

もし、対応しないということであれば、海外出張や海外旅行に行くことが多い方にとっては不便ですね。

コロナが落ち着くまでは、国際ローミングに対応しないという方針なんでしょうか。

povoのデメリット⑥ サービス開始時点はSIMカードのみ契約の提供

サービス開始時点では、端末と一緒に契約することはできません。(※ 当記事執筆時)

ですから、SIMカードのみの契約になります。

SIMカードは、「物理SIM」と「eSIM」の両方が提供される予定のようですが、オンラインでダウンロード可能なeSIMに対応している機種を使っていない方はSIMカードの到着を待たなければなりません。

ちなみに、読んでいて「何のことは全然わからない」という方は、実店舗のサポートがないpovoは無理だと思います。

povoよりもコスパが良いプランは楽天のUN-LIMIT

「povoにしようと思っていたけど、何か微妙だな…」と思った方に、とんでもなくコスパが良いプランをご紹介します!

それは、楽天モバイルが提供しているUN-LIMITです。

使い方によっては「完全無料」でスマホを使えるので、これ以上のコスパのプランはあり得ません。

 

auの新プランpovoとの比較表を作りましたので、参考にしてください。

 povo(au)UN-LIMIT VI (楽天)
料金2728円3278円(※但し、データ使用量が少ないと料金が安くなる)
データ容量20Gを超えると1Mbps楽天回線エリア:無制限

パートナー回線エリア5Gを超えると1Mbps

通話5分間まで無料(超過後22円/30秒)完全無料(指定の無料アプリを利用で)
電波4G楽天回線とパートナー回線
店舗povoの契約はできない店舗での契約もできる
海外ローミング対応未定2Gまで(超過後は128kbps速度に)
機種サービス開始時はSIMカードのみ公式サイトで見る

 

一見すると楽天モバイルの方が高いですが、楽天モバイルでは消費ギガ数によって料金が変わりますので、スマホをそこまで使わないのであればpovoよりも月額料金が安くなります。

更に指定の無料通話用アプリを使うことで、5分間の上限無しで通話無料になるんですよ!

また、地域にもよりますが、楽天モバイルは店舗での申し込みやサポートも受けられますので、オンラインだけでは不安な方でも心配なく使うことができます。

ただ、楽天モバイルには1点だけデメリットがあり、山岳地帯など地域によっては電波がきていないエリアの方は使えません。(現在、急ピッチでエリア拡大のため基地局を増設しています)

ですから、楽天公式サイトの「エリア確認ページ」で自分の住んでいる地域で使えるかを確認してから申し込むようにしてください!

それさえOKなら、本当におすすめです。

楽天モバイルは「とんでもない最強コスパのサービス」だと驚きを隠せないくらいです(笑



キャンペーンLP ※期間中限定

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事